« 霊界メタル通信 2013/02/03 号 | トップページ | オカルト詐欺芸人の映像を観てみたよ。 »

「MIT白熱教室」がめっちゃ面白い

ハーバード大学のマイケル・サンデル教授による「Justice」で話題となった、NHK Eテレ「白熱教室」シリーズ
現在は、世界で最も権威ある学術研究機関の1つ、マサチューセッツ工科大学(MIT)のウォルター・ルーウィン教授による「MIT白熱教室」が放送中です。
これがめっちゃ面白いんです。

番組のコンセプトは

物理学の美と楽しさを体を張って伝える奇想天外、抱腹絶倒のエンターテイメント講義!
「教壇のスーパーヒーロー」と呼ばれる名物教授が登場!

ですw
MITとNHKが協力し、講義はMITの学生だけではなく地元の住人を200人ほど招待して行われています。
小学生からお年寄りまで、まさに老若男女入り交じっての一大エンターテインメント。
物理学の授業なのに、教室が爆笑と拍手に包まれるというまさに「スーパーヒーロー」による講義です。
私も文系ながら物理学の魅力にハマってしまいました。

ルーウィン教授の決め台詞が「科学のためには常に犠牲が必要だ」。
2013年1月19日放送の第3回「電気はどうやって作るのか?」では、静電気発生装置と蛍光灯を使って、「私が蛍光灯の電極に触れると、電気が私の身体を通って地面に流れていく。そのときに蛍光灯が光って、ある音が聞こえるはずだ。では教室を暗くしてくれ」
そして実験開始。
静電気発生装置がうなりを上げ、教授が電極に触れると、蛍光灯が光ると同時に

「ぎゃーーーーーーっっっ!!」

教授、絶叫w
冬にドアを開けようとしてバチッthunderとくる、あれの超強力版ですからねww
教室は拍手喝采。
「誰か、やってみたい人はいるかね?」
イヤですw

ルーウィン教授は、毎回講義を行うまえに30時間も実験のリハーサルを行うそうです。

2月2日の講義は「完璧な虹を見る方法」。
冒頭に教授は問いかけます。

「君たちは本当の虹を見たことがあるかね?」

日本人もアメリカ人も、ほとんど全ての人が虹は見たことがあると思いますが、「本当の虹」って?
虹はどうやってできるのか?
あの美しい色の正体は何か?
色の順番に決まりはあるのか?
どんな方向に見えるのか?
どこからでも同じに見えるのか?
など、あらためて質問されるとよくわからない「虹」について、物理学的に解説してくれます。
講義内容は再放送を見てもらうとして、虹を見るための方法はこんな感じ。

  1. 空気中に水滴が十分に存在する状態で、
  2. 太陽を背にして立ちます。
  3. 目の前に自分の影ができるので、頭のてっぺんを見ます。
  4. そこから視線を約42°の角度まで上げます。

これが虹を見るための条件です。
面白いのはここから。

普段、私たちが見ている虹は赤が外側、青が内側の半円形のものです。
実はこれは「主虹」と呼ばれ、その外側(視線をさらに約10°上げた位置)に、色の順番が逆になっている「副虹」というものが存在するのです。
副虹は非常に弱い光のため、太陽の光に打ち消されてほとんど見ることができません。
偶然条件が合ったときにだけ見えるとのこと。

さらに、七色ではなく全体が真っ白な「白虹」(極地方で見えるらしい)、そして全体が赤い「赤虹」(夕焼けと同じ原理)なんていうものも存在します。

さらにさらに、主虹の円形の内側は光が強いので明るく、外側は暗くなるんだそうです。
副虹は色の順番が逆なので、光の強弱も逆。つまり副虹は内側が暗く、外側が明るい。
人間の目には見えなくても副虹は常に存在するので、虹は必ず二重の円になっています。

このことから、空に虹が見えているとき、内側から明るい空→主虹→暗い空(主虹の外側の暗い部分と、副虹の内側の暗い部分が重なったもの。「アレキサンダーの暗帯」という)→副虹→明るい空、という状態になっているわけです。

講義の最後に、ルーウィン教授は聴衆に再びこう問いかけます。

「本当の虹というものがおわかりいただけただろうか?
君たちが次に虹を見たとき、今までと全く違ったものが見えるはずだ。
君たちはまず、虹の内側が明るくなっていることを確認するだろう。
そして外側にもう1本の虹が見えるか探すはずだ。
もし見えたら、色が逆になっていることがわかるだろう。
間に挟まれた空が暗く見えるということもね。
これが虹だ」

す、すごい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
虹の見方ががらっと変わってしまいました。
虹が出たら絶対2本め探しちゃうわ〜
さすが「教壇のスーパーヒーロー」と呼ばれるだけのことはありますねheart04

そして締めの言葉が本当に素晴らしい。

「知識は財産となる。
知識で失うものはなにも無い。
知識は隠された美を解き明かす鍵なのだ」

まさにその通り。
なにか不思議な現象に遭遇したとき、「心霊現象」や「超能力」などと言って思考停止してしまうのではなく、仕組みを探求し解明する。
これこそ人類が知性を与えられて誕生した理由ではないでしょうか。

スピリチュアルとか霊能力とか信じちゃってるアレな人に聞かせてあげたい。

« 霊界メタル通信 2013/02/03 号 | トップページ | オカルト詐欺芸人の映像を観てみたよ。 »

オカルト・疑似科学」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1066582/49157644

この記事へのトラックバック一覧です: 「MIT白熱教室」がめっちゃ面白い:

« 霊界メタル通信 2013/02/03 号 | トップページ | オカルト詐欺芸人の映像を観てみたよ。 »

フォト

プロフィール

  • 杏樹亭 幽麗
    横浜市で産まれ育ったネイティヴ・ヨコハマンです。
    鬼女兼ギタリストをしております。
    好きなバンドはEluveitie
    現在はTwitterで主に独り言をつぶやいております。
    山本ルンルン先生の大ファンでもあります。
2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログ内検索

  • ブログ内検索

My Tweets

Amazon

  • ランキング

カテゴリー

Googleリンク

無料ブログはココログ